計画的な利用の重要性

「24時間利用可能」のサービスに関しては、正しい解釈が求められます。多くの方々の勘違いとして、24時間いつでも指定先口座に即送金してもらえると思われがちですが、この解釈は大きな間違いです。同サービスを提供している各消費者金融業者の説明をじっくり確認してみてください。「最短時間融資」もしくはそれに準ずる表現が見られます。しかし、申し込みと同時の着金を約束する文言は見当たりません。

カレンダー私達ユーザーが自身の口座から現金を引き出すことができるのは、最速でも各金融機関の営業日です。仮に融資申し込みからの受付完了が金曜日の午後3時直前だった場合、指定した口座に着金が確認できるのは、最速で翌週月曜日、さらに運悪く月曜日が振替休日の場合、4日後の火曜日にズレ込んでしまいます。このシステムを誤解釈から融資を受け、結果必要な日時に間に合わなかった場合、無意味な金利を負担しての借入をしてしまうことになります。また、万が一のための借入可能限度枠を狭めてしまうことにもなります。

こうした大き過ぎる代償を伴うケアレスミスは、残念ながら水面下で頻発していると推察され、十分な注意が必要です。キャッシングサービスの活用に際しては、私達がアクセス可能な時間帯のみならず、確実な着金日を正しく理解し不足分だけを借り入れるということが大事です。そのため、手元での資金繰りが欠かせません。